トラブル

歯周病でもインプラントは可能か

現在残っている歯が歯周病にかかっている場合、インプラント治療にとっては大きなリスクになり得ます。
しかしインプラント治療が完全に不可能だということではありません。
リスクの内容としては、歯周病になった口腔内では正しい歯周治療が行われた場合であっても骨がやせ細るなどの悪影響があり、それにより歯の支持の力が不足して噛むときに歯にかかる力に対応できない場合があります。

治療に移る際には、まず今の歯周病の状況を把握して診査、診断を行い、治療計画を立てたうえで長期に保存が不可能と診断した場合には早めに抜歯を行って治癒を見てインプラント体埋入手術を行うという流れが一般的になります。
もし治療が成功した場合でも歯周病にかかった歯の周りからからインプラント周囲に細菌感染が広がる可能性があるため、歯周病の方には十分な歯周治療を行った後にインプラント治療を立てる必要があり、インプラント体埋入手術を行う前に、口腔内から歯周病原細菌を可能な限り減らしておく必要があるのです。
歯周病を持つ方へのインプラント治療の中で重要になるのは患者さんの協力です。

治療の大前提は歯周状態の改善が挙げられているため、医師の指示に従って歯周病の治療、ケアをしていくことが必要になるからです。
もし患者であるあなたが協力的でない場合や口腔内の管理を十分に行えないと歯科医師が判断した場合には,あなたがどれだけ望んでもインプラント治療は行われることはないでしょう。
歯がないということは生活上大きな支障が多く発生します。

それは歯周病が発生してしまったからではなく、自分の生活環境なども大きく関係をしています。
もしインプラント治療がなされても同じような生活を送るのであれば結果としてはまた歯を失うことになるだけです。
噛む喜びをまた取り戻すためにも、インプラント治療をきっかけに生活環境も見直し、より健康な生活を送れるようにしていくことが最良の結果に結びつくのです。

Copyright(C) 2013 歯をいつまでも健康に見せる技術 All Rights Reserved.