トラブル

インプラントを長持ちさせる方法

インプラントの治療を受けて一安心だと思っている患者さんは大勢いらっしゃると思います。
しかし本当にそこで安心して大丈夫でしょうか?なぜならばインプラントとは言えど扱いは他に残っている歯と同じように取り扱わないと意味がないのです。
長持ちさせて使うことによってこれは初めて意味を持ちます。

ではどのように長持ちさせたらよいのかを考えていきましょう。
まずは当然のことながら歯磨きです。
これが一番重要といっても過言ではありません。

インプラントにとっての一番の大敵は歯周病です。
歯周病を患っていると歯周病菌の影響により、インプラントと歯茎の間に入り込み、炎症を発生させる場合があってその影響でこれが使用できなくなることもあります。
歯磨きだけでなく、フロスやデンタルリンスなども併用してしっかりと歯垢の対策を取ることで歯周病による影響はなくなります。

次に癖などによる影響によってインプラントの寿命が縮まることがあります。
それは噛みしめるような癖や歯ぎしりなどによって引き起こされます。
噛みしめや歯ぎしりによってインプラントとあご骨の間でゆるみが発生します。

別の例でお話すると粘土に木の棒等を突き立てて左右上下に動かすと隙間ができます。
そのような状態が歯茎に発生しているということです。
ゆるみが発生すると痛みを伴ったり、最悪の場合にはインプラントが抜け落ちてしまうこともあります。

この場合には、歯科医院だけでなく、口腔外科で診察をうけることをお勧めします。
すると就寝時に装着するマウスピースになどでインプラントへの影響を少なくすることができると思います。
最後に歯科医院でのメインテナンスを定期的に受けることです。
歯科衛生士さんによる歯間、歯面洗浄あとは歯科医師による状態の確認をうけることでインプラントにある不具合に対して即座に対応することができます。
高いお金を払って治療したインプラントで少しでも長く使えるようにしていきましょう。
こちらにもインプラント治療後の自分でのメンテナンスの重要性が載っています。
歯をいつまでも清潔な状態に保つことが長持ちできるかどうかのカギになります。


Copyright(C) 2013 歯をいつまでも健康に見せる技術 All Rights Reserved.